読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳の有岡くん、そして26歳の有岡くん

有岡くん、26歳のお誕生日おめでとうございます!

 

こうやって有岡くんのお誕生日をお祝いするのは今年で二度目です。でも有岡くんが25歳から26歳になるまでの一年間、まるっと一つ歳を重ねるまでの一年間を見てきたのは今回が初めてです。それまで有岡くんがどんな一年間を過ごしてきたのか私は見てこなかったのでわからないけど、この一年間を振り返ると有岡くんにとって初めてのお仕事があったりレギュラーの仕事でもいろんなことに挑戦していたり、ほんとに日々楽しませてくれて毎日「有岡くんかっこいい!かわいい!すき!」と言っていたように思います。

 

その中でもやっぱり有岡くんの単独初表紙と映画出演は大きいかなぁ。
去年の初め、ヒルナンデスでもいただきハイジャンプでも2016年の抱負について「1人で表紙を飾りたい」と話していた有岡くん。そんな有岡くんの初表紙が決まったのはその約4ヶ月後のことだった。でもそれはduetのソロ表紙企画であり、順番が回ってくれば必ず表紙を飾れるものだった。有岡くんが話す"単独表紙"について私は"ドラマだったり映画だったり他のお仕事ありきの表紙、もしくはファッション誌のような雑誌自体がメインのお仕事になるような新しい場での表紙"だと考えていたので正直素直に喜べなかった。もちろんアイドル誌でソロ表紙を飾れることは当たり前ではないしその企画自体はすごく嬉しかった。でも「今じゃないんだよ…」って気持ちがどうしても強かった。そんな中迎えたduet発売日。早売りを踏んだ他担の方からやばい、という噂を聞いていたのでソワソワしながら開店後すぐに本屋に向かった。そこに並ぶ有岡くん表紙のduetを見た瞬間、ハッとした。息をのんだ。その場で立ちすくんだ。「やばい」なんて一言じゃ表せられないけど、かわいいでもかっこいいでもなく今までに見たことないような有岡くんの表情にすっごくドキドキした。ドキドキしたまま家に持ち帰り真っ先に表紙について書かれた裏ジャンを読むと、そこには有岡くんの表紙に対する熱意やこだわりが書かれていた。そしてそこには単独表紙を喜ぶ有岡くんの姿があった。それを見た私は「あぁ、ほんとに良かったなぁ」って「単独初表紙おめでとう」って心から思えた。もしかしたら有岡くん自身この企画が初表紙になってしまったことを悔しがってるのでは…なんて心配していたけど、そんな自分が恥ずかしくなるぐらい有岡くんは与えられた仕事に対してまっすぐで一生懸命でほんとにほんとにかっこよかった。
そしてそのほんの約1ヶ月後、有岡くん表紙のヘアカタログが発売されることを知る。こういうところなんだよ…ほんとに…。企画じゃなくてもちゃんと自分の手で仕事を掴み取ってくれる。匂わせでもなんでもなく自分で掲げた目標をしっかり実現してくれる。こういうところがかっこよくて本当に大好き。

これに関して言うと映画出演も同じで。4年前のジャンパで「映画に出てみたい」と話していた有岡くん。もしかしたら当時はそのタイミングでは無かったのかもしれない。でもその後ドラマに出演するごとに着実に経験を積んで、俳優としての姿が認められて決まった映画出演。一つ一つの仕事をしっかりこなし次に繋げる有岡くんの姿はとても頼もしいし、有岡くんがいつも目標を掲げて公言してくれるからファンも応援できるしそれが叶った時に倍嬉しいんだと思う。「おめでとう」ってたくさん言えるのはほんとに幸せ。こんなに応援のしがいがあるアイドル他にいないよ。

 

2016年、有岡くんが目標に立てた「2年以内にドラマに主演して単独でTV LIFEの表紙を飾る」これもゆっくりだけど確実に叶えてくれるんだろうなぁと思います。また「おめでとう」を言える日が今からとても楽しみ。有岡くん、これからもたくさん応援させてね!

JUMP担によるJUMP担の為のLove-tuneのススメ

 

もうすぐジャニーズ大運動会ですね!

私は仕事の都合で行けないのですが、参加されるJUMP担の方に少しでも楽しんで頂けるようにJr.内ユニットLove-tuneについてちょっと紹介させてください

 

なんでJUMP担の方かって??そりゃもちろん私がJUMP担だからっていうのもあるのですが、もともとJUMPが好きでLove-tuneも好きになった方ってすごく多いんです…!(私調べ)
私もまだまだ好きになったばかりではありますが、今回はJUMPに絡めに絡めてLove-tuneを紹介していきたいと思いますので少しでも気になった方はぜひお付き合いよろしくお願いします!
 
まず「Love-tuneってどこかで聞いたことあるけど誰だっけ…?」っていうそこのJUMP担のあなた!

f:id:runrun_nurnur:20170414020652p:plain

そうです有岡大先生が作詞したRELOADを少クラで披露していたあのグループです
(ちなみにこの時はTravis Japanとのコラボ曲だったので黒いスーツを着ている方がLove-tune)
(森田美勇人くんはLAでダンス留学(かっこいい)をしていた為欠席)
 
それでは簡単なプロフィールから
f:id:runrun_nurnur:20170414021739j:image
左から順に
◼︎長妻怜央(ながつまれお)1998年6月5日生まれ
◼︎諸星翔希(もろほししょうき)1994年10月13日生まれ
◼︎真田佑馬(さなだゆうま)1992年11月21日生まれ
◼︎安井謙太郎(やすいけんたろう)1991年7月21日生まれ
◼︎萩谷慧悟(はぎやけいご)1996年11月7日生まれ
◼︎阿部顕嵐(あべあらん)1997年8月30日生まれ
◼︎森田美勇人(もりたみゅうと)1995年10月31日生まれ
 
グループ名「Love-tune」はバンドをイメージした4人組(結成当時)ということから、音に関する単語が取り入れられた。読み方は「ブ・トゥーン」で、「ラブ・チューン」ではない。パフォーマンスは、ダンスと歌に限らず、バンド形式を強調したものを多く行う。(wikipedia先生より抜粋)
 
ここまで読んで「バンド?まぁJUMPもするけど…」と思ったあなた、それだけじゃあないんです!!
 
そもそも私がLove-tuneに興味を持ったきっかけが少クラで披露されたmasterpiece(/関ジャニ∞)なんですが、これがもうめちゃくちゃかっこい
f:id:runrun_nurnur:20170414105633p:image
 こういう千手観音みたいなのJUMP担好きでしょ?ていうかジャニオタ全員好きでしょ??
JUMPのダンスと言えば人数を生かしたフォーメーション!みたいなところがあると思うんだけど、7人編成のLove-tuneフォーメーションダンスがすごくかっこいい
枯葉の影(/滝沢秀明)では枯葉をイメージ(?)したこんなフォーメーションも披露
f:id:runrun_nurnur:20170414162415p:image
いやこれどうなってんの
個人個人の技術もとても高いので楽器を持たないダンス曲もとてもオススメです。JUMPでいうSUPERMANとかBoys Don't Stopみたいなガンガン踊る曲が好きな人は絶対好きだと思う
 
 
 そしてJUMPを語る上では外せないのが仲の良さ
これ、Love-tuneにもすごく当てはまるんです。
まだグループが結成されてから一年と期間は短いですが、雑誌撮影の裏話では「一番賑やかだったLove-tune」と書かれたり「まるでバラエティー番組を見ているかのような楽しい撮影」と書かれるなど平和ですごいかわいい
 
もちろんライブでもそんな姿を垣間見ることができます!!
先日行われたJr.祭りで萩谷くんがドラムソロを披露する時間があったのですが、その間ドラムの裏で座って待機するLove-tuneメンバー…しかしただ座って待機するだけで終わらないのがLove-tune
私が観に行った初日公演では萩谷くんのドラムに合わせて全員エアドラムとてもかわいい
そして回を重ねるごとに味を占めた(?)Love-tuneさん、ついにライブ中にカルタをやり始める。(もちろんエア)先日行われた埼玉公演ではインディアンポーカー(おでこにカード当てて数字を当てるゲーム)をやってたそうです…何それすごいかわいい
JUMP担ってこういうの好きじゃん…?ビバナイで歌ってるメンバー以外がわちゃわちゃしてるのみんな好きじゃん??それです
 
 
 グループの良さはこれでだいぶわかってもらえたと思うので、ここからは独断と偏見でそれぞれの担当ごとにおすすめのメンバーを紹介していきますね!
 
薮担のあなたへ
安井謙太郎くん:
最年長としてグループをまとめる安井くん。トーク力にとても定評がありらじらー9時台やMCでも活躍する。グループのみならずJr.全体のまとめ役も担い、先日行われたJr.祭り波乱のたまアリ公演での功績は記憶に新しい。
真田佑馬くん:
"やぶおじさん"と呼ばれることもある薮くんと同じように、真田くんも"さなじい"の愛称を持つ。おじみの強いところに癒しを感じるが一家の大黒柱としての役割も担う。
諸星翔希くん:
とにかく歌がめちゃくちゃ上手い。美声。Love-tuneがバックを務めたABC-ZのコンサートDVD「Star Line Travel」に収録されている「SEVEN COLORS」でのモロちゃんのフェイクがめちゃくちゃ綺麗だからみんなにも観て欲しい…

髙木担のあなたへ
阿部顕嵐くん:
セクシー担当の象徴である紫を同じメンバーカラーに持つ顕嵐くん。少クラで披露されたスペシャルパフォーマンスでテロテロのシャツを着て踊る顕嵐くんの色気がやばい。Yes!踊ってるのかな??
森田美勇人くん:
リアクションの天才バラエティに愛された男。美勇人くんが出演したガムシャラはもれなく全て面白い。中でも五感No.1決定戦とピンチ回避王は秀逸なのでみんなに見て欲しい。ニワトリ掴みにも挑戦します。
f:id:runrun_nurnur:20170414175437p:image
髙木くんと同じく体のほとんどが脚

八乙女担のあなたへ
森田美勇人くん:
同じ黄色をメンバーカラーに持つ美勇人くん。バンドではベースを担当し黒太郎(光くん命名)を使用。先ほど話したガムシャラでポンコツっぷりを発揮する美勇人くんに八乙女ポイントを連発する光くんみを感じる。最近の雑誌では美勇人くんが光くんからベースを教わっていることについてよく話しているので、美勇人くんを好きになるともれなく光くんの良き先輩っぷりも見れます。

伊野尾担のあなたへ
萩谷慧悟くん:
お顔の綺麗さとスラっとしたスタイル、柔らかい雰囲気がなんとなく伊野尾くんっぽい。現役大学生。真面目な性格とは裏腹に、突然一人違うダンスをシャカリキに踊り出す奇行っぷり(通称パギヤ)は伊野尾くんに近いものを感じる。これは伊野尾くん関係ないけど、萩ちゃんのお口がハート型でとてもかわいいのでとりあえずみんな見て。
f:id:runrun_nurnur:20170414232235j:image

有岡担のあなたへ
真田佑馬くん:
これは自担なのでちょっと力説させて欲しい。有岡くんと真田くんってなんとなく顔の雰囲気似てない??いや、今の有岡くんじゃなくて数年前の有岡くんに…。そもそも真田くんを気になり出したのもmasterpieceを歌う真田くんにオラついてる有岡くんみを感じたからでありまして…
これはまた別の曲(FIRE BEAT)だけどこういうところ
f:id:runrun_nurnur:20170414195203j:image
一見癒しオーラをばら撒いてるようにも見えるしおちゃめなところもたくさんあるのに踊り出すと豹変する。ギターを持つともっと豹変する。ほら有岡担ってギャップに弱いじゃん…
諸星翔希くん:
同じ元気印のオレンジをメンバーカラーに持つモロちゃん。体育会TVでは「ニヤニヤすんなって!」と上田監督に叱責を受け、至る所でニヤニヤ顔イジリされるモロちゃん。しかしそのイジられキャラは誰からも好かれる愛されキャラでもある。ライブでは盛り上げ役を担いファンのこともすごく大事にする。Love-tuneのリア恋枠。
 
圭人担のあなたへ
私は圭人りんに孫みを感じているのですが、長妻くんも同じく孫みを感じる。(実際真田くんとのコンビを爺孫と呼ぶ)めちゃくちゃカワイイ。天使。
顔がめちゃくちゃいいのに性格もめちゃくちゃいい。仕事の時に心がけてることは?の質問に「謙虚」と答え、知念くんも引いていた新年動画おみくじ「メンバーの好きなところは?」の質問に一切ボケることなく全員のいいところを挙げるなどとにかくとても優しい。そして紳士。
 
山田担のあなたへ
Love-tuneではセンターを担うことが多い安井くん。オリジナル曲CALLでは安井くんの「オーマイガッ♡」で始まる。アイドルとしての魅せ方も熟知していてファンを喜ばせる天才。メンバー愛、グループ愛もとても強い。
顔がめちゃくちゃ綺麗。つい最近金髪にしたのですが、完全に二次元。山ちゃんと同じくアニメが原作の舞台「魔女の宅急便」にトンボ役で出演する。スター性も持ち合わせていてめちゃくちゃかっこいいのに全力でレイザーラモンHGをやったりする。(山ちゃんはデーモン閣下になっていましたね)
真田佑馬くん:
Jr.では異例の外部舞台で座長を務めるなど演技にとても定評がある真田くん。その演技力と表現力は演奏中にも見られ、ギターを持った時の豹変っぷりがやばい。(二度目)目だけで人を殺せるタイプの人間。
 
裕翔担のあなたへ
綺麗な黒髪、端正な顔立ち、身長自称178cm(実際はたぶんもっと高い)のモデル体型な長妻くんは裕翔くんを彷彿させる。ていうか身長の割に顔が小さすぎて頭身が完全にキャプテン翼。(これに関しては薮くん)ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」では渋谷王子役で出演し月9俳優の一面も。しかしそんな彼も奇行がヤバイ。
バンドでは裕翔くんと同じくドラムを担当する萩ちゃん。もともとドラムを始めたのもJUMPコンでドラムを叩く裕翔くんを見たのがきっかけだったとか。多趣味でドラムの他にカメラやダイビングを趣味に持つ。あとたまにオタクっぽい発言をする「世の中課金なんですか?!」「距離を縮めるのに5億年くらいかかりそう」
 
知念担のあなたへ
Love-tuneの最年少であり、他のLove-tuneメンバーは全員長妻くんの保護者。顕嵐くんからは「すごいかわいい」と常に溺愛されている。運動神経が良く現在モロちゃんと一緒に体育会TVで活躍し、グループではアクロバットを担当する。
最年長だけど最小。らじらーで共演する高橋優斗くんに「年下から見てもかわいい」と言われる程かわいくてあざとい。クリスマスには土地が欲しい
 
 
 
最後にこれはJUMP担としてではなくLove-tune担として紹介したい!!
Love-tuneオリジナル曲CALLがめちゃくちゃかっこいい
最初に話したようにLove-tuneバンドが特徴のグループではありますが、一曲の間に歌って踊って楽器を演奏するのがLove-tune踊ってない人が演奏をするのではなく、両方やるのがLove-tuneなんです
更にメンバーの煽りも多く、顕嵐くんが「エビバディメイクサムノーーーイズ!」と叫んだかと思えば「Hey!Hey!」と畳み掛け安井くんの「オーマイガッ♡」でファンのテンションを一気に上げる。
「まるでホラー」\ヘイ!/「like a walking dead」\ヘイ!/「Get up」\ヘイ!/「Stand up」\ヘイ!/「生きるのさ〜」\ヘイ!!/のC&Rも超〜〜〜〜楽しい
その後も常に全力でパフォーマンスをし、曲中にはフォーメーションダンスやアクロバット、ギターソロも見れる。コスパがすごい。ちなみに私は先日のJr.祭りでこの曲一曲にチケ代を払えるぐらいの価値を感じました。
 
…とまぁ口でいろいろ説明しても百聞は一見に如かずなのでとりあえず見て!みんな見て!!
 
 
ほらLove-tuneって最高でしょ?最高なんです
爪痕残す」を合言葉に活動する彼らなのできっと運動会でも爪痕を残してきてくれることでしょう!少しでも興味を持って頂けた方はぜひ注目して見てみてください♡ご静聴ありがとうございました!